姫路観光.com

姫路の観光名所、イベント情報、グルメ情報などをお届け!情緒あふれる城下町姫路をお楽しみください♪

姫路水族館

2015/06/04 07:31:22

姫路水族館は、全国でも珍しい「山の上の水族館」です。

「播磨の里池・里海のなかまたち」が一つ目のコンセプト。昔の播磨地方の海や川にごく普通にいた、でも最近では見かけなくなった魚などを眺めることができます。親子で行けば、「お父さんが小さい頃はね~」と言う台詞と共に、ノスタルジックな気分に浸れると思います♪

もう一つのコンセプトは「体感型展示」。カエルの鳴き声が聞こえたり、オオサンショウウオのレプリカを触れたり、薄明かりの中で蛍の生態をアニメーションで解説したりと、五感を使った展示が見所です。

また、ウミガメを中心とした世界のカメの資料・展示が充実しており、春から夏に掛けてはカメの産卵や孵化する様子の見学会を開催しています。一方で、子供が大好きな「ペンギンのエサやりショー」や、ウニ、ヒトデなどの生き物と触れ合える「タッチプール」など、大人も子供も楽しめる水族館です。

姫路水族館は本館と新館、そして屋上ビオトープから構成されています。

本館は「播磨地方の里海の生き物」をテーマに、海水魚が多数展示されています。それ以外にも「ペンギンのプール」「ウミガメのプール」と、子供に人気のスポットが目白押しです。午前中にはペンギンのエサやり、午後にはウミガメのエサやりショーが開催されています。

新館は「播磨地方の里地の生き物」をテーマです。川や田んぼ、ため池に生息する淡水魚やカエル、昆虫などを展示しています。ケヅメリクガメのエサやりショーも楽しめます。

屋上ビオトープには「ため池ビオトープ」や「じゃぶじゃぶ小川」があり、子供に大人気です。播磨地方の池を再現した「ため池ビオトープ」では、元気に泳ぎ回るメダカなどを観察することができます。「じゃぶじゃぶ小川」では小川の中に入って、魚と一緒に遊ぶことができます。

  • 住所:兵庫県姫路市西延末440 (手柄山中央公園内)
  • 電話番号:079-297-0321
  • 営業時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
  • 料金:大人500円 / 小中学生200円(当日中であれば再入場できます。再入場の際に入場券の半券をご提示ください。)
  • 休館日:火曜日(火曜日が祝日の場合は翌日水曜日)、12/29~1/1
  • アクセス:柄駅から徒歩約10分 / 神姫バス姫路駅南口から姫路市文化センター前で下車して徒歩約5分